関西でpbx(電話交換機)を導入するなら…見くらべよう比較6サイト

オフィス・事業主必見 電話交換機の比較はここ

関西で事業を行っている方は、現在のオフィスの電話システムの現状に満足していますか。電話台数をふやしたい、電話交換機を更新したいなど様々なお悩みを持っているかもしれません。pbx(電話交換機)のことで新しい情報を取り入れたいという方はぜひこちらの比較サイトをご覧ください。

従来型の電話交換機への更新のほか、クラウドpbxなどインターネット回線を使った新しい電話交換システムの導入などで会社の効率化を図ることが可能です。もしどの業者に依頼すればよいのか迷った時は比較サイトで業者の特色や住所、施工金額の概算などを知ることができます。

比較のみならず、一括見積も可能です。関西の登録事業者からご依頼人様のニーズをマッチングさせ1社でも多くの企業から見積が得られるようご対応いたします。とりあえず話だけでも聞きたいという方でも気軽にサイトへアクセスしてください。

KOSネットワーク株式会社

公式サイトはコチラ

ビジネスフォンの導入に不可欠なpbxを大阪でご検討中なら、このサイトが役立ちます。このサイトはpbxを大阪で提供する業者の比較サイトですから、数々の取り扱い業者を比較できます。そして、大阪で評判のpbx業者では、KOSネットワーク株式会社もあります。

KOSネットワーク株式会社では、内線アプリをインストールしたスマホを、オフィス内の内線端末として利用できるサービスを提供しています。ビジネスフォンとしての利便性を高めると共に、コスト削減にも取り組めるのが魅力です。

また、KOSネットワーク株式会社のpbxなら、オフィスや外出先も含め、様々な場所で安全かつ快適に通話が行えます。さらに、24時間365日の保守サービスも提供されているので安心です。

株式会社イースクラム

公式サイトはコチラ

株式会社イースクラムという会社はお客様のニーズに合わせてくれる会社です。どうしたらお客様の企業の効率が上がるのかどうしたらどうしたら仕事がやりやすくなるかを常に寄り添って考えてくれるのが株式会社イースクラムです。

インターネットを利用してメールやLINEなどで個人のコミュニケーションを取ることだけでなく一般企業でも増えてきました。企業の中でpbxを利用することでスムーズに内線に接続することができるのでとても便利です。

株式会社イースクラムのモットーがお客様のお客様に喜んでいただくためにというものになっているので人とのつながりを他の企業と比較しても大事にしてる会社であると言えます。

通信機器システムプラン

公式サイトはコチラ

通信機器システムプラン株式会社が提供するpbx、いわゆる電話交換機は日本国内の一流メーカーによるコミュニケーションシステムとなっています。さまざまな業務にクロスすることができるため、経営にイノベーションをもたらしたり、フレキシブルなネットワークの構築が可能です。通信機器システムプラン株式会社からのさまざまなプラン提供はもちろん、pbxをはじめとしてさまざまなコミュニケーションシステムの比較をしながら検討していくことができます。インターネットサイトにはお問合せフォームが用意されていますので、不明な点はインターネットサイトからいつでも問い合わせることが可能です。

通信サポートシステムは、全般にわたって営業マンたちに支えられます。信頼できる営業マンを見つけたら、名指しでさまざまなことを相談することが可能ですので、心強い味方になります。一人の営業マンにすべてにわたって知っておいてもらえると、何もかも任せることができて非常に安心です。

インターネットサイトからのお問い合わせフォームはもちろん、直接電話でやり取りしたいという場合には電話による相談も受け付けていますので、不明な点があればすぐに問い合わせることができます。

ユーザックシステム株式会社

公式サイトはコチラ

ユーザックシステム株式会社のクラウドpbxを利用すると、スマートフォンやパソコンを内線端末として利用することができるので、社内だけではなく外出先でも内線通話を行うことができます。無料で通話をすることができるので従来の通信設備と比較して、通信費の節約につながります。

pbxを設置する必要がないので設置スペースを確保しなくてもよく、有効的に事務所内を使用できます。設定などweb上で行うことができ業者を手配しなくても良いので、設定の見直しなどが必要な時にはすぐに行うことができます。

取引先の連絡先など、クラウド上で管理するので外出先などからも簡単に連絡先を知ることができます。セキュリティ管理もしっかりされており万が一端末を紛失してもすぐに遠隔操作でアクセスできないようにすることができます。

南海電設株式会社

公式サイトはコチラ

pbx 大阪比較サイトでは、情報通信システムの販売と設置工事を行っている企業を比較しています。比較の対象は、取り扱っている情報通信システムの品質や工事内容などであり、FMCサービスなどの最先端のサービスについての比較も行っています。

南海電設株式会社は情報通信をメイン事業として行っている企業で、pbxなどの情報通信機器の販売と設置工事、保守サービスなどを行っています。全国に支店網があり全国展開を行っていますが、対応窓口は一つだけであるため、迅速な対応が可能です。

南海電設株式会社は最先端の情報通信サービスであるFMCサービスの提案を行っており、企業の通信費削減に大きく貢献しています。FMCサービスを導入すると社内コミュニケーションが円滑になり、風通しの良い組織にすることが可能です。

(株)スイタ情報システム

公式サイトはコチラ

(株)スイタ情報システムは、時代に即応したpbx機器の導入から施工、そしてメンテナンスを実施しており、企業の力が最大限発揮できるようにサポートしています。離れたオフィスや店舗同士を結ぶネットワークをはじめ、施設内のネットワーク環境など、要望に応じた提案を実施しています。

インターネットVPNソリューションは、インターネットを使った仮想専用線網を構築します。データを暗号化する機能があるVPN専用装置による構築やVPN機能を持つサーバー製品による構築を行っています。低価格のネット回線を利用しており、従来と比較してランニングコストを抑えることが出来ます。

企業内DSLソリューションでは、コストを掛けずに社内LANを構築することができます。新たな配線を設置することなく、既設の電話線などを利用します。金融ソリューションでは、顧客に代わって引渡しまでの管理を全面的にサポートします。

pbxを導入するメリットはなんなのでしょうか

現代社会では電話なくして生活をすることができません。その電話は現在は携帯電話やスマホが普及していますが、商売用として使う場合は固定電話がいろんな意味で重宝されることとなります。その固定電話を会社業務用として使用する場合、多くの会社では電話機は1台だけでなく、複数台が設置されています。この複数台でいろんな社員が外線電話とのやり取りをするだけでなく、社内間の内線電話としても使用します。この会社内での電話として使用する場合はビジネスフォンというのが広く利用されています。しかしこのビジネスフォンに代わる新しい技術としてpbxというのが登場しています。このpbxというのは電話交換機のことで、社内の至る場所にある電話機同士をつないだり、外部の回線とをつなぐ中継器的な役割を果たします。

その社内で複数台の電話機の中継的な役割を果たすpbxという技術は、昔から普及をしてきたビジネスフォンと似たような役割を果たしています。しかしこちらのpbxという技術はビジネスフォンに比べるといくらかのメリットが存在することとなります。まず最初はその処理能力、つまり容量の大きさとなります。昔からのビジネスフォンの場合は処理能力が低いのに対して、こちらは処理能力が高くなります。つまり大規模な何百台や何千台という数の電話機を使用するコールセンターや大規模事業者のオフィスなどに向いているともいえます。次なるメリットは使用できる回線の種類が多様であるという点です。pbxの場合はビジネスフォンでは対応されていないであろう、1.5Mや2M専用線などに対応していたりなどしていたりします。

3つ目のpbxのメリットは安定性が格段に向上しているという点です。どんな技術も予期しないトラブルにより稀にシステムがダウンして使用不能に陥る事態がありえます。それを防止するためにはシステムの多重化などをすることで致命的なトラブルを回避しなければなりません。そのシステムの多重化ではビジネスフォンの場合はCPUという心臓部に相当する部分が対応しきれていません。その心臓部に相当するCPUがやられてしまうと、全体のシステムがダウンしてしまいます。ところがpbxの場合は、その二重化に対応しています。また部品自体もビジネスフォン用のよりいも耐久性のあるのを使用されています。さらに現代の電話は停電してしまうと事実上使えませんが、その停電の際にはバッテリーで持ちこたえなければなりません。しかしそのバッテリーの容量もビジネスフォン用ではせいぜい数時間が限界なのに対して、pbxの場合は1日ほどは対応できるとしています。そのためいつ何時何があるかわからない病院とかなど命を預かる現場では欠かせない技術になってきています。

ページトップへ