関西でpbx(電話交換機)を導入するなら…見くらべよう比較6サイト

HOME > 大阪のpbx会社情報 > pbxも次世代PBXというのがあるのだ

pbxも次世代PBXというのがあるのだ

ビジネスをするには依然として固定電話が欠かせません。しかも社員や内部組織の数が多い規模の多い事業所ほど、内線電話の回線の数も電話機自体の数も膨大に増えていきます。そのため個人宅のように電話1つあればよいわけではなくて、内部を統括するシステムが必要になります。その内部を統括するシステムとしてpbxというのがあります。これは電話交換機と呼ばれるシステムで、これの機械で内線電話の回線をつなぎ替えたり、外部の回線とをつないだりなどしています。もちろんそれを導入するには非常に多額のお金がかかりますし、事業所内のすべての電話機と回線を構築するのに手間と時間がかかります。さらに専門的知識を有するために、専門的知識がある人でないと構築できず、ほとんどは外部の専門の業者に委託して構築してもらっています。

そのpbxという電話交換機は導入するコストと手間と時間がかかるだけでなく、使用中も時折メンテナンスというのをしないとなりません。現在の低成長の時代で費用対効果が厳しく計算しないとならない中で、このシステムのために使用するお金をできるだけ減らしたいのはどこの事業所でも同じこととなります。さらにこの従来のシステムでは回線と電話機が固定されていて、場所を変わるたびに設定しなおさないとならない面倒さがつきまといます。もちろんその設定変更は専門的知識のある外部業者のやることとなります。しかしこれに代わって次世代PBXというシステムが登場するようになりました。この次世代型のそれはクラウド型とIP型が存在します。これまでのシステムはアナログ回線を前提にしたシステムだったのですが、この次世代型は光回線やインターネット構築網などを使用します。

この次世代PBXのIP型の機械自体は以前のよりも小型化されています。さらに回線変更の設定も従来のだといちいち専門業者に委託して変更してもらっていたところ、次世代型はパソコンのソフトウエアから変更が可能となってます。そのため内部の社員でも設定のやり方さえマスターしていれば変更できるようになってます。その次世代型はメンテナンスを含めての運用コストはこれまでの半分以下くらいになるともいわれています。従来型のそれは固定電話にしか対応していないところ、次世代型はスマホなどにも対応しています。これまでは外部にいる社員と内部の社員との連絡はスマホやガラケー携帯電話で外線回線として連絡をしていたところ、次世代型では外部にいる社員との連絡も内線電話として扱うことが可能となっています。これで通信費の削減にも貢献が可能となっています。なお次世代型は社内に専用の機械を設置するIP型と外部のサーバーを利用するクラウド型があります。IP型の場合は社内のLAN構築網の範囲でしか稼働しないけど安定してるのに対して、クラウド型は外部のサーバー上にシステムをインストールするようになっています。そのため安価で手間がかからない反面、その外部のサーバーに何かあるとシステムが稼働しなくなる恐れがあります。

ページトップへ